プライバシー保護に関する当社の基本方針

PSP株式会社(以下、当社といいます)は、2005年4月1日の個人情報保護法の施行に際し、2005年3月1日付けにて以下の通り個人情報保護方針を制定し、実施しております。
当社は、お客様・お取引先及び当社システムユーザー様の管理される個人情報(以下個人情報と総称します)の重要性を認識し、個人情報保護法に基づき適法かつ慎重に取り扱うと共に、より良い製品及びサービスを提供させて頂くため、弊社システムユーザー様の管理される個人情報へのアクセス及び取扱いについて、以下のように取組み、責任を持って個人情報を保護いたします。


1.法令等の遵守

当社は、個人情報保護法その他関係する法令等を遵守いたします。

2.社内体制

当社は、個人情報の取扱い及び処理システムに関して、社内規程及び業務毎に必要なルールを策定すると共に、管理者を置く等組織を整備し、個人情報保護を遵守する体制を構築いたしております。

3.個人情報の開示・貸与

当社が個人情報の開示・貸与をして頂く場合には、利用目的を明示し、ご承諾を頂いたうえで、その目的達成に必要な範囲で利用させていただきますと共に、その目的の範囲を超えた利用はいたしません。ただし、以下の場合には、「当社製品の企画・開発・改良へのご助言・アンケート等の実施」「当社が提供する各種サービスの改善・向上のための諸施策」及び「学会・展示会・各種イベント等へのご招待・ご案内」に利用させて頂くことがあります。

  • 当社の製品やサービスのユーザーとしてご登録頂いた場合
  • 当社が参加する学会・展示会・各種イベント等へのご参加やアンケート等にご回答を頂いた場合
  • 当社の製品やサービスに関する各種お問い合わせ、ご要望等を頂いた場合

4.正確性の確保

当社が個人情報をお預かりする場合、当社は、お客様・お取引先及び当社システムユーザー様のご指示により当該個人情報を正確に保つよう、適切な措置を講じます。

5.安全管理措置

  • 当社が個人情報をお預かりする場合、当該個人情報を厳重に管理し、不正アクセス・紛失・破壊・改ざん・漏洩等等に対する予防措置および安全対策を講じます。
  • 当社が個人情報をデジタルデータとしてお預かりする場合、お客様・お取引先及び当社システムユーザー様のご承諾を得た利用目的の範囲内にて当社コンピュータシステムに当該データの複写・保管をいたしますが、利用目的達成後は、当該データを速やかに消去するなど適切な措置を講じます。

6.社内教育

当社は、従業員に対し個人情報保護についての教育訓練を行い、その内容を社内に周知徹底させます。

7.委託先の監督

当社が個人情報を取扱うに際して、お客様・お取引先及び当社システムユーザー様のご承諾を得て正当な利用の範囲内で個人情報を第三者に開示することがありますが、委託先へは個人情報を厳重に管理することを義務付け、監督いたします。

8.第三者提供の制限

当社は以下の場合を除き、個人情報をお客様・お取引先及び当社システムユーザー様のご承諾なく第三者に提供・開示いたしません。

  • 法令による場合
  • 司法警察・各種行政機関・裁判所等の公的機関からの依頼、またはそれらへの協力が必要と判断される場合
  • 人命または重大な財産の保護が必要な場合
  • その他、社会的相当性が認められ、かつ緊急性の高い事態に対処する場合

9.社内体制の継続的見直し

当社は、個人情報の取り扱いに関する社内規程およびそれを実行するための組織体制について、有効かつ適正な運用が持続的になされるよう継続的な見直しと改善を図ってまいります。

制定2006年9月14日
PSP株式会社
代表取締役社長 八木 裕子