社長挨拶

 

今年は季節が少しずつ先取りをして進んでいるように思います。桜が咲くのも、若葉になるのも2週間くらい早かったのではないでしょうか。信州に出張しました時に、ちょうど入学式のシーズンだったのですが、桜が満開でした。例年は、新学期が始まってから咲く桜ですが、今年は良いタイミングで咲いてくれたとのことでした。満開の桜に見守られた入学式はきっと一生の良い思い出となることでしょう。
   東京では4月中に既に夏日がありました。例年の感覚で寒いであろうと思った夜に、蒸し暑かったりすると何となく調子が狂います。しばらく暑い日が続いた後に急に冷え込みが来ると、約束が守られなかったような気持ちになります。寒さ、暑さに対する日本人の気持ちには南国の人がきっと理解できない微妙なものがあるように思います。四季があって、季節ごとに異なった花が咲いたり、素材の異なる洋服を着たりする楽しみというのは、なかなか捨てがたいものなのだと実感いたします。新芽がぐんぐん伸び、若葉の色が鮮やかになりますこの季節こそ、散歩に出かけ、梢を揺らす風の音や鳥のさえずりに耳を傾けたいものです。
   4月に入社しました新入社員は基本研修を終え、これからは色々な職種を体験するために、各部に入って仕事をすることになります。自分の希望するところと、実際にやってみて活躍できそうなところが異なる人もいるでしょうし、かねてから希望していた仕事で実力を発揮できる人もいることと思います。人を育てるというのは本当に難しいことで、指導する側の実力が問われることになります。根気よく、その人のタイプに合わせて、飽きさせることなく指導し続けなくてはなりません。いつか自分を超えていってほしいと思って育てたいのですが、この気持ちを持つことは更に難しいことだと思います。
   皆様のところでも、新しい方々が入ってこられたり、異動してこられたりしていることと思います。院内の約束事を覚えてもらったり、システムに慣れてもらったり、歓迎会を開催されたりと忙しい日々が続いていることでしょう。相変わらず花粉もたくさん飛んでいるようで、今年初めて花粉症になられた方も多いと聞きます。どうかくれぐれもご自愛くださいませ。


   私どものシステムをご検討中の皆様、既存ユーザー様にPSPシステムを使って何が変わったか、使ってみてどう思われたかをお尋ねくださいませ。きっとご検討に役立つ回答が戻ることと存じます。お使いいただいているユーザー様には出来る限りのサポートをさせていただき、共に成長することを目標としてシステム作りをさせていただいて参りました。私どもの社員はそれぞれが担当のユーザーサイトの一員であると自覚して仕事をしております。自分が所属する施設に何をするべきか、どんなことが必要か、またそこに来てくださる患者さんにどのように接するべきかを常に考えて仕事をするように心がけております。ご検討を少しでも先に進めたいとお考えであれば、プレゼンやデモ、システムの貸し出しなどをさせていただきます。今お使いのシステムからのデータ移行や、リプレイスの手順などについてのご質問にも分かりやすく回答させていただきます。全力をあげてシステム構築のお手伝いをさせていただきたいと考えます。

   私どものシステムをご存じなかった皆様、これまでに入れ替えを検討したけれど、結局既存のものを継続してお使いの皆様、是非とも私どもの営業を呼んでいただき話を聞いてみてくださいませ。弊社ホームページにございます資料請求のページで、カタログや詳細な資料を入手していただければ幸いです。学会の展示やランチョンセミナーなどにご参加いただき、実物にふれていただいたり、ユーザーの先生方の話を聞いてみたりしてください。私どもは放射線科専門の先生方がお使いになりますビューアーを院内でもお使いいただくことをコンセプトとしております。全ての科の先生方に画像診断に慣れ親しんでいただきたいと思うからです。放射線科の先生方が書かれたレポートを読んでいただき、そのキー画像の含まれるシリーズを読影された先生と同じ条件で見ていただきたいと考えるからです。これらの考え方やサポートに対する姿勢について、お話しをさせていただきたく思います。お目にかかる日を楽しみにしております。

   そして、私どものシステムをお使いいただいております皆様、本当にいつも有難うございます。皆様方のお声があって、私どもの仕事は成り立っております。ご要望には時間がかかってもお応えしたいと常に考え、努力して参りました。PACSだけでなく診断RISや治療RIS、内視鏡の洗浄記録などのシステムもございます。緊急時に病院外におられます先生方に画像を見ていただく仕組み作りや、遠隔読影を依頼する仕組み、地域の病院様あるいはクリニック様と連携する仕組み作りも得意とするところでございます。今お使いいただいておりますものに更にプラスしていただくことで、検査画像活用の幅を広げていくことを心掛けております。ご質問がございます場合は、訪問させていただいております営業やカスタマーエンジニアに声をおかけくださいませ。毎月メールマガジンを配信、年に一度ユーザー会を開催しております。どうかそのような場や機会を十二分にご活用いただきたいと思います。ご不満のお声やお叱りがございましたら、それを担当者にお伝えいただければ幸いでございます。それが私どもの成長の糧でございます。お目にかかり、直接お声を聞かせていただきますことを楽しみにしております。

   PSPはこれからも頑張り続けることを約束させていただきます。これまでに学んだことを十分に活かし、新しいことに挑戦し続けます。引き続きのご指導、どうぞよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 2018年5月吉日
八木裕子