社長挨拶

pspcorporation

梅雨が始まると身構えておりましたら、意外にも晴れ間の多い日が続いてくれました。次週の天気予報を見ますと傘のマークが並んでいます。少しがっかりするのですが、実際にその日になってみますと、傘マークは雲マークに変わっていて、ほんの短い時間に雨が降るだけの日が続きました。それでも、降る時は猛烈な勢いで降ります。日本の雨の降り方が変わったと皆さんが言われます。まるでスコールのようだと。そのせいか長靴を履いておられる方が増えたように思います。男性用にもゴムで出来たおしゃれなレインシューズがあるようです。長靴を履けば、水たまりに入ってみたくなるのは子どもの頃と少しも変わりません。出来ることなら雨合羽と呼べるようなものを羽織って、濡れても大丈夫なバッグと大きな傘があればそんなに憂鬱にならずにすみそうです。

新型コロナウイルス対策として、弊社でも職場での集団接種が進みそうです。これは本社の入っておりますビルの管理会社からの声かけですので、支店が同様にならないのが残念です。接種に対しては賛成、反対と色々あるかもしれませんが、とりあえず、これで罹患する可能性が下がるのであれば、やはり受けておきたいと思います。医療従事者の方々は2回の接種が終わってから罹患率がかなり下がったというニュースがありました。本当に良かったと思います。毎日、職場での感染を心配しながら過ごすのは辛い日々でしたことでしょう。

東京本社の事務部門の部屋に、擬宝珠の鉢植えがあります。いつ頃から育てていたのか記憶がはっきりしないのですが、前のビルの時にもありましたので割合長い時間を一緒に過ごしているのかと思います。一時は枯れそうになっていて、だめかもしれないと思った時もありました。それがついこの間、白い花をつけました。最初に見た時は誰かがいたずらで造花をつけたのかと思いました。でも、よくよく見ますと本物の花で、とても良い香りがいたします。毎日、そばに行き香りを思い切り吸い込んでいます。ずっと私たちの近くにあった、何ということのない植物が初めて花をつけてくれたことが嬉しかったのです。来年から梅雨の時期の楽しみができました。

今年も入谷の朝顔市は中止になったとのこと。色々なところでお祭りや恒例の行事が中止になっています。残念ですが仕方ないことだと思います。本社の近くに愛宕神社があり、そこでは6月の末に、ほおずき市が開催されていました。こんな時期であるからこそ、ほんのちょっとした季節ごとの風物を楽しむ気持ちをいつまでも忘れたくないものだと思います。安定しない気温の毎日でございます。くれぐれもご自愛くださいませ。



コロナ禍の影響で予算がとれず、ハードウェアの保証期間が過ぎてもなかなか入れ替えを実行できない皆様、ハードディスクの容量が足らなくなりそうで不安に思っておられる皆様、本当は現在使用しているメーカーとは別のものを検討したかったのに、時間もなく打ち合わせもできなくて継続しかないとお考えの皆様、ホームページの「お問い合わせのページ」にお困りのことを書いていただきましたら、ご一緒に何らかの方法を考えさせていただきたいと思います。少しでも何かのお手伝いができないかを考え続けております。必ず近くにおります営業あるいはエンジニアから連絡をさせていただきます。

この何年かの間に他社のシステムから私どものシステムにリプレイスして下さいました皆様、感謝申し上げます。それまでお困りだったことは解決いたしましたでしょうか。PSPにしたらよくなると信じて入れ替えていただきました点はきちんと稼働しておりますでしょうか。もし疑問にお感じのことや、不満に思っておられることがありましたら、訪問させていただいております営業やエンジニアに、どうかその点をお伝えくださいませ。それでは十分ではないとお考えであれば、ホームページの「お問い合わせのページ」にお考えを記載していただければ、必ず連絡をさせていただきます。仮に時間がかかったとしても、少しでも解決する策を探させていただきます。

入れ替えのタイミングはあったけれど、PSPを候補としていただけませんでした皆様、是非この次の入れ替えのタイミングにはご検討いただきたいと思います。訪問することが難しい状況の場合には、Webを使ったデモや説明を繰り返し実施させていただきます。どんなことをしている会社か、どのような考えでシステムを作っている会社かについてご覧いただきたいと切に思います。

これまで長い間、私どものシステムをお使いの皆様、本当に有難うございます。これだけのサイト数に増やすことができましたのも、システムに細かい修正を入れて使い勝手をよくすることができましたのも、皆様がおられたからだと思います。対応が遅かったり、忘れていることがあったりして厳しいお言葉やお叱りをいただくことも多々あるかと存じます。決して挫けることなく、少しでもシステムを良くしたいという信念を貫いていきますことをお約束させていただきます。定期的に訪問させていただいております営業やサポートをさせていただいておりますエンジニアに気軽に声をかけていただければ幸いでございます。
引き続き、皆様方からのご指導を賜りたくお願い申し上げます。

<2021年 7月>