社長挨拶

 

今年の秋は駆け足で去って行き、思ったよりも寒い日が早い時期から続きました。風邪をひいております社員も例年より多いように思いますし、咳が長く続いている者も多いようです。インフルエンザの予防接種は数が不足しているとのことで、社員たちは少し早めに近所の先生のところに受けに行っております。皆さまはいかがお過ごしでしょうか。晴天で暖かい日が戻ります時には是非とも運動やハイキングなどを楽しんでいただきたいものだと思います。
   11月の終わりから、シカゴでRSNAが開催されています。シカゴといいますと、この時期は風の強い寒い街というイメージですが、今年のシカゴは異例と思えるくらい暖かく、身構えてやってきた身にとりましては肩透かしの感じがいたします。コートを着て急ぎ足で歩きますと汗をかく感じです。アメリカ人の中には半袖の人もいるくらいで、やはり地球の温暖化が進んでいるのだろうかと思ってしまいます。私どもでは展示ブースを出させていただいていますが、広い展示会場に多くの会社が出展しております中、少しでも多くの海外の方に、日本でも頑張っている会社があることを知っていただきたく声をかけてご覧いただくようにしております。日本のユーザーの先生やタイのユーザーの先生が立ち寄っていただけますこと、本当に有難いことだと思っています。皆さまに育てていただいている、背中を押していただけていると思う瞬間です。
   今年のRSNAではAIに話題が集中しています。AI関連の学会発表には立ち見がでるほどの盛況ぶりです。日本だけでなく世界的に医療の分野に閉塞感があるのか、少しでも新しいことに目を向け、何かを先取りしていきたいという意欲を強く感じます。具体的に何ができるのか、そのことによってどんな成果があがるのかについては未知かもしれませんが、やはりこれだけの人たちが興味を示し、熱中していることについてはその行方を見てみたいという思いがいたします。既に研究をしておられます先生方と色々と情報交換をさせていただきながら、次の一歩を踏み出していきたいと考えております。
   1年が終わるというのは本当に早いものです。毎年12月になりますと、何とはなしに焦る気持ちがいたします。いくら早い時期から頑張っていたとしても、そのような思いがいたしますのは、12月という月には「残り少ない日々」を感じさせる空気が流れているからなのでしょう。たった1日の違いで年が変わることは、たった1日の違いで月が変わることとさほどの違いかあろうはずもありません。もう少し、どっしりと腰を据え、先のことを考えながら毎日を過ごしていきたいものだと思います。
   寒さに向かいますこの季節はお疲れの出やすい時期でもあります。こんな時こそ、少しでもゆっくりしていただき、日頃の忙しさを忘れていただければと思います。お風邪などひかれませんように、どうぞご自愛くださいませ。  (シカゴRSNA会場にて)


   いつも私どものシステムをお使いいただいております皆様、有難うございます。心からお礼を申し上げます。システムは順調に動いておりますでしょうか? お考えいただいていたものと異なっていることなどはございませんでしょうか? もし、何かございましたら、皆様のところへ訪問させていただいております営業やカスタマーエンジニアにお申し付けくださいませ。機能につきましてのご質問、使い方についてのお問い合わせなどには速やかに回答いたします。システムの拡張やネットワークにつきましてもご相談に応じさせていただきます。ご使用中のシステム以外の製品についてのお問い合わせには、デモや貸し出しをさせていただきます。私どもの製品は皆様方のお力に支えられております。引き続きのご支援、ご指導をよろしくお願い申し上げます。

   私どものシステムをご検討いただいております皆様、どうぞよろしくお願いいたします。プレゼンやデモはご要望の日程をうかがい、複数回でも実施させていただきます。既存システムからのデータ移行方法や期間などにつきましても納得いただけるように説明をさせていただきます。長い間、他社のシステムをお使いになっておられる場合、入れ替えを実施されることはきっと勇気のいることと存じますが、これまでに多くの施設様でお手伝いさせていただきました。 思いきって入れ替えて良かったと言っていだけますように、最善の努力をいたします。慣れたシステムであるかのように簡単にお使いいただくためにも、環境を整えるお手伝いをさせていただきます。どうか、担当営業に何でもお尋ねくださいませ。

   まだ、私どものシステムをお使いになったことがない、あるいはご存じのない皆様、ホームページ上に資料請求のページがございます。一度資料をお取り寄せ下さいませ。そして導入のご検討をいただけますと幸いです。ユーザー様の満足度が非常に高いと評価いただいておりますシステムです。まずは病院様を訪問させていただき、ご要望などにつきましてお話を聞かせていただきたく思います。システムについて確固たる信念を持ち、患者さんのお役に立つシステム開発をして参りました。常にベストを尽くし、長いお付き合いをさせていただきたいと考えております。気軽にお声をかけてくださいませ。

   皆様方から教えていただきますこと、ご要求をいただきますこと、ご一緒になって検討させていただきますことが私どもの力の源となっております。どうかPSPをよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 2017年12月吉日
八木裕子