社長挨拶

代表取締役社長 八木ひろこ

私どもの会社の決算期は6月です。この6月でPSPの30期が無事に終わりました。創業いたしましてから30年が経過したということになります。生まれた子どもが30歳になるのですから、それなりに長い年月です。しかし、実感としましては本当に短い間だったような気がいたします。その時、その時にできます自分たちなりのベストな道を選択してきたつもりでおりますが、本当のところはどうだったのでしょうか。違う選択をしていれば、当然違う結果になっているはずです。「たら」とか「れば」を言わないようにして、自分たちが信じた道をひたすら歩いて参りました。

ずっと先に灯りをともして、私たちを導いてくださった皆様には本当に感謝しております。その灯りがあったから、辛いことや苦しいことにも打ち勝つことができましたし、常に志を高くもつこともできたと思っております。有難うございます。

7月から31期が始まります。消費税の10%への引き上げが今回は本当に実施されるようで、駆け込みでのご依頼も増えてきています。前回の消費税アップの時と同じように、一時的に仕事が多くなったといたしましても、その後にどんな日々が来るのかは分かりません。冷静に、そしてユーザーの皆様の側に立ち、仕事を続けていきたいと思っております。何年か後に振り返りました時に、「頑張ってきた」と胸をはれるような1年1年にしたいものでございます。

関東が梅雨明けをするには、まだ少し間がございます。雨の降る日も、強い日ざしの日も、その1日を大切にして楽しんでいきたいものです。大雨が降らないこと、洪水などの被害がでないこと、緩んだ地盤が崩れないこと、地震が発生しないこと、あまりにも暑くなりすぎないことを祈りたいと思います。湿気の多い毎日になろうかと思います。くれぐれもご自愛くださいませ。

この1年の間に私どものシステムを新しく入れてくださった皆様、有難うございます。リプレイスをするためには相当な労力が必要だったことでしょうし、大きな努力をしてくださったことと存じます。ユーザー様の数が1000を超えることができましたのも、毎年そのようにしてリプレイスをしてくださる施設様がおありだからだと思っています。

入れ替えていただきました私どものシステムに、満足していただけておりますでしょうか。もし、何か気にかかっておられることがございましたら、ご連絡をいただけますと幸いです。担当の営業やエンジニアに直接お伝えいただいても結構ですし、ホームページのお問い合わせのページからご連絡をいただくことも可能でございます。責任をもって返信をさせていただく、あるいは訪問をさせていただきたいと思います。

これから何年かの間で、今お使いのシステムを入れ替えてPSPのものを使ってみようかとお考えの皆様、ぜひお問い合わせのページからその旨のご連絡をいただきますようにお願い申し上げます。各地で営業が施設様への訪問を繰り返し、入札などの情報を一生懸命見ておりますが、ご希望を知ることはなかなか困難なものでございます。一声かけていただけましたら、ご一緒に最適なシステムについて考えさせていただきます。よりよい導入方法も考えて参ります。無駄なお金をかけず、多くの方に満足していただける形での入れ替えを実施したいものだと常に思っております。

この何年かでPSPが候補にあがっていながら、まだお使いいただけていない皆様。次の機会に何としてでも、使いたいと思っていただけるシステムを作り続けて参ります。また、少しでも先進的なことで役に立つ仕組みを研究開発して参ります。いつか、必ず私どものユーザー様になっていただけますように頑張ります。是非とも、定期的にデモなどをご覧いただきたいものだと存じます。きっと少しずつでも進化していることを感じ取っていただけるものと思います。

そして、私どものシステムを何年もお使い下さっている皆様、心からお礼を申し上げます。本当に有難うございます。皆様に支えていただいて、私どもの今日がございます。PSPをより良くするために、厳しいご指摘をいただきましたり、社員一人ひとりにご注意をいただきましたり、温かいお言葉をかけていただいたりしておりますこと、どんなに有り難いと思っておりますか、言葉で言い表すことができません。この先、何年も何十年もPSPのユーザーで良かったと言っていただけますように努力を重ねて参ります。より良い画像診断をしていただけるシステム作りに取り組み、遠隔読影や地域連携で先生方の大変なお仕事を多少なりともお手伝いできますよう、ご一緒に力をあわせて頑張って参りたいと存じます。引き続きのご指導、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 2019年7月吉日
八木裕子

PAGE TOP