2022.04.11プレスリリース

ヘルスケアITソリューション事業に関するキヤノンメディカルシステムズとの協業について

PSP株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:依田 佳久、以下PSP)は、キヤノンメディカルシステムズ株式会社(本社所在地:栃木県大田原市 代表取締役社長:瀧口 登志夫、以下キヤノンメディカル)と国内医療施設向けのヘルスケアITソリューションにおいて協業することを発表いたします。

本協業により、PSPが有する「読影用ビューアーソフトウェア」や「医療情報クラウドPACS」と、キヤノンメディカルが有する「AI解析技術」や「3D処理技術」を組み合わせることで、画像診断医の能力を向上させ、より最適な読影支援ソリューションを提供していきます。
両社は、今後もより良い画像診断環境の提供、また、医療のさらなる発展に貢献してまいります。

【PSPが取り扱うキヤノンメディカル製品】
・読影支援ソリューションAbierto Reading Support Solution
(Automation Platform, Findings Workflow、解析アプリケーション)

マルチベンダーによるアプリケーションが搭載できるプラットフォーム「Automation Platform」では、CTなど画像診断装置で撮影された画像データを受信し、AIを搭載(注1)した解析アプリケーションを自動で起動します。そのアプリケーションの処理結果として病態に係わる情報、評価または診断を行うための情報をFindings Workflowに表示します。臨床における読影ワークフローの効率化を図リます。

注1:設計段階でAI技術を用いており、本システム自体に自己学習機能は有していません。ソフトウェアが自動診断するものではありません。
※ Abiertoはキヤノンメディカルシステムズ(株)の商標です。

製品情報

一般的名称: 汎用画像診断装置ワークステーション用プログラム
販売名: 汎用画像診断ワークステーション用プログラム Abierto SCAI-1AP
認証番号: 302ABBZX00004000
製品URL: https://jp.medical.canon/products/abierto/abierto-rss


【キヤノンメディカルが取り扱うPSP製品】
・読影用ビューアーソフトウェア EV Insite R

読影用ビューアーソフトウェア「EV Insite R」は、一貫した操作性と効率化された手順、カスタマイズ設定が豊富にあることで、先生方一人ひとりの手に、目に、感覚に馴染むビューアーです。毎日の読影作業はもちろんのこと、研究、カンファレンスやインフォームドコンセントまで様々な場面で使用でき、画像参照だけにとどまらないソリューションが魅力です。

・医療情報クラウドPACS NOBORI

医療情報クラウドPACS「NOBORI」は全国1100以上の施設で導入されており、クラウドPACS市場シェアNo.1のPACS(注2)です。大容量の医療データは、必要な時にいつでも参照・共有・利用でき、国内複数のデータセンターにて暗号化や秘密分散処理するなど、安全な形でお預かりしています。システムはデータセンター経由で常時監視されており、システム管理業務軽減や災害時等のBCP対策にも貢献します。また、遠隔読影や画像連携等のクラウドならではのサービスも充実しており、各医療機関のニーズに合わせた柔軟なソリューション提供が可能です。

注2:当社調べ

問い合わせ先

PSP株式会社
営業統括本部 販売促進課
東京都港区虎ノ門5-13-1
Tel 03-4346-3179 / Fax 03-4346-3177
E-mail:promo@psp.co.jp

キヤノンメディカルシステムズ株式会社
広報室 江野 裕子
Tel 0287-26-5100
E-mail: hiroko.eno@medical.canon