2017年7月12日(水)~14日(金)
東京ビッグサイトで国際モダンホスピタルショウ2017が開催されました。


展示ブース



   展示ブースでは、地域連携システム・放射線業務管理システム( RIS)・PACS・内視鏡洗浄情報管理システムなどを案内させていただきました。
   すべての検査を統合できる統合検査情報システム「Portal Space Ace」は、検査の結果・画像、汎用ファイル、紙カルテなどをまとめて表示したいとお考えのご施設に大変好評いただきました。また、MFER形式の心電図の表示や文書の管理ができる点も評価いただきました。タブレット端末で「Portal Space Ace」の閲覧や写真のアップロードができる「PSA Pad」もご覧いただきました。
   PACS「EV Insite net」やRIS「ARIStation」にもご関心を寄せていただき、私どものシステムの特色について紹介させていただきました。
   内視鏡洗浄情報管理システム「CLEMATIS」は、感染制御のツールとしてだけでなく、検査の効率も高めることができると好評いただきました。
   システム関連の皆様をはじめ、放射線部門の医師・技師の皆様他、昨年よりも多くの方にお越しいただくことができました。厚く御礼申し上げます。


インターシステムズジャパンブース

   インターシステムズジャパンブース内にアプリケーションパートナーとしてブースを出展し、私どもの地域連携システム「Portal Space Ace PLUS」とインターシステムズ社製品を連携させた地域医療連携事例を紹介させていただきました。


多くの方にお立ち寄りいただき、感謝申し上げます。


出展システム
  • 統合検査情報システム:Portal Space Ace / PSA Pad
  • 地域連携システム:Portal Space Ace PLUS
  • PACS:EV Insite net / Insite Pad
  • RIS:ARIStation
  • 治療RIS:ARIStation RT
  • 内視鏡洗浄情報管理システム:CLEMATIS 他

製品情報はこちら