2018年4月13日(金)~15日(日)
2018国際医用画像総合展(ITEM2018)が開催されました。


ITEM2018のPSPブースへ多くのお客さまにご来場いただき、盛況のうちに展示会を終えることが出来ました。弊社ブースにお立ち寄りいただいた皆さま、ご来場誠にありがとうございました。心より御礼申し上げます。
おかげさまでシステム導入施設が昨年1000サイトを越え、これもひとえに皆さまのご愛顧とご支援によるものと深く感謝しております。


出展のご報告

PACS「EV Insite net」を中心に、所見作成支援ソフトウェア「EV Report」やRIS「ARIStaion」など主要製品の紹介をしました。
皆さまの声をもとにさらに使いやすさを向上させた読影用ビューアーや、診断RIS、治療RISに高い関心をお寄せいただきました。
新機能を搭載し、さらに使い勝手のよさを追求した読影用ビューアーソフトウェア「EV Insite R」は、実際に触っていただき多くの方にご好評いただきました。


今回展示致しました新商品に関するご意見は、今後の製品開発に活かしてまいります。これからも、社員一丸となり皆さまのご期待に添うべく商品開発に精進致す所存でございます。
今後ともご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願い申しあげます。


JRSランチョンセミナー

「読影医・技師のQOLを左右するPACSの使い勝手~PSP-PACSでよかった!様々な場面の紹介~」
  2018年4月14日(土)12:00~12:50

・司会
   国立大学法人 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 放射線診断治療学
   教授 上谷 雅孝 先生
・演者
   国家公務員共済組合連合会 熊本中央病院 放射線診断科
   部長 片平 和博 先生

片平和博先生(熊本中央病院)にPSPのビューアーの機能について、EV Insite Rを用いてご講演いただきました。
ご清聴いただきました皆さま、誠にありがとうございました。
ランチョンセミナーのご講演後には、多くの方にブースまでお立ち寄りいただき、紹介した機能のご質問をいただくなど、反響がございました。
ご来場いただきましたこと重ねて御礼申し上げます。


出展システム

  • PACS:EV Insite net
  • 読影用ビューアーソフトウェア:EV Insite R
  • マンモグラフィ用ビューアー:EV Insite M
  • 所見作成支援ソフトウェア:EV Report
  • 放射線業務管理システム:ARIStation
  • 放射線治療管理システム:ARIStation RT
  • 検像システム:EV Confirm
  • タブレット緊急画像参照:Insite Pad EM edition
  • 遠隔画像診断システム
  • 統合検査情報システム:Portal Space Ace
  • 地域連携システム:Portal Space Ace PLUS
  • クラウド型サービス:CirA-S
  • 症例ファイル管理システム:EV Palette

製品情報はこちら