2019国際医用画像総合展(ITEM2019)
出展レポート

出展のご報告

2019国際医用画像総合展(ITEM2019)
2019年4月12日(金)~14日(日)

ブースの様子

ITEM2019のPSPブースへは、例年より多くのお客さまにご来場いただき、盛況のうちに展示会を終えることが出来ました。弊社ブースにお立ち寄りいただいた皆さま、ご来場誠にありがとうございました。心より御礼申し上げます。

PACS「EV Insite net」を中心に、所見作成支援ソフトウェア「EV Report」やRIS「ARIStaion」など主要製品の紹介をしました。
今年は特に医療被ばく管理への注目が高く、多くのお問い合わせをいただき、ご紹介をさせていただきました。説明までお待たせすることもあり、大変申し訳ございませんでした。
医療被ばく管理システムに関しましては、JIRAブース特定テーマ展示への出展、JIRAプレゼンテーションコーナーでの発表もおこない、非常に沢山の反響がございました。ご来場いただいた皆さま、誠にありがとうございます。

今回展示致しました商品に関するご意見は、今後の製品開発に活かしてまいります。今後とも、社員一丸となり皆さまのご期待に添うべく商品開発に精進致す所存でございます。

今後ともご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願い申しあげます。

JRSランチョンセミナー

「快適な読影のkeyとなるPACS viewerを検証する」

2019年4月13日(土)12:00~12:50

司会

立石 宇貴秀 先生
(東京医科歯科大学 医学部 画像診断・核医学分野 教授)

演者

片平 和博 先生
(国家公務員共済組合連合会 熊本中央病院 放射線診断科 部長)

片平和博先生(熊本中央病院)にPSPのビューアーの機能について、EV Insite Rを用いてご講演いただきました。ご清聴いただきました皆さま、誠にありがとうございました。
聴講のための整理券が早い時間に無くなり、お弁当が無い中セミナーをご聴講いただいた方も多くいらっしゃいました。

ご来場いただきましたこと重ねて御礼申し上げます。

出展システム

  • PACS:EV Insite net
  • 読影用ビューアーソフトウェア:EV Insite R
  • マンモグラフィ用ビューアー:EV Insite M
  • 所見作成支援ソフトウェア:EV Report
  • 放射線業務管理システム:ARIStation
  • 放射線治療管理システム:ARIStation RT
  • 検像システム:EV Confirm
  • タブレット緊急画像参照:Insite Pad EM edition
  • 遠隔画像診断システム
  • 統合検査情報システム:Portal Space Ace
  • 地域連携システム:Portal Space Ace PLUS
  • クラウド型サービス:CirA-S
  • 症例ファイル管理システム:EV Palette
  • 医療被ばく線量管理システム:iSED

製品情報はこちら

PAGE TOP