ご確認ください

お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
一般のお客様にはご覧いただけません。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)でいらっしゃいますか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はい いいえ

Cardio Logic net

スピーディー、快適、ノンストップ

循環器科業務の迅速な操作に追従する画像表示
CT、MRI、心エコーデータと同様に管理し、解析なども端末1つで
万が一の場合でも業務を止めず、データの保全性を確保

基本機能

  • EV Insite 循環器オプション
    マルチフレーム自動再生
    バイプレーン同期表示
    MPEG再生
  • CardioLogic
    冠動脈狭窄率解析ソフトウェア CardioLogic Coronary
    左室容積計測・壁運動解析ソフトウェア CardioLogic LVG
    右室容積計測・壁運動解析ソフトウェア CardioLogic RVG

特長

EV Insite 循環器オプション

マルチフレームの自動再生で、検査を開いた瞬間から読影を開始できます。バイプレーン画像も自動で並べて同期再生。院内配信用にMPEG圧縮での再生も可能です。また、他の放射線画像が違うサーバーに保存されていても同じプラットフォームで参照することができます。

冠状動脈狭窄率解析ソフトウェア CardioLogic Coronary

ジオメトリック法、デンシトメトリック法により狭窄率を算出し、狭窄部位解析結果をグラフ表示します。解析した狭窄率と計測結果はレポート形式(AHA規格に準拠)出力し、結果を有効活用できます。

左/右室容積計測・壁運動解析ソフトウェア CardioLogic LVG/RVG

拡張期と伸縮期をトレースし、容積計測や壁運動解析を実施します。正常値との比較が可能で、解析・計測結果はプリンターでのレポート出力ができます。

CardioLogic net カルディオ・ロジック ネット 認証番号:227ALBZX00021000
PAGE TOP