読影用ビューアーソフトウェア

毎日の読影作業から研究、カンファレンスやインフォームドコンセントまで、様々な場面にEV Insite Rを。一貫した操作性と効率化された手順、豊富なカスタマイズ設定機能により、先生方一人ひとりの手に、目に、感覚に馴染むビューアー

基本機能

  • 検索
  • 同期
  • 簡易距離計測
  • MIP/MinIP
  • MPR
  • フュージョン表示
  • スライド作成
  • 読影履歴の自動保存
  • 表示レイアウトの作成
  • ショートカット割り当て

オプション機能

  • EV Portal View(EV Portal Viewの簡易バージョン)
  • EV Lite(配付用簡易版ビューアーソフトウェア)
  • fatAnalyse(脂肪計測)

特長

日々の読影はユーザーごとにあらかじめ登録されているレイアウトから

拡大縮小、階調変更などのビューアー操作はもちろん、厚みを考慮したスライス位置の同期やDynamic画像の自動分割、リファレンスラインの自動表示やアノテーション操作も、 設定したユーザーごとの簡単な操作で実現。使い方を気にすることなく、診断に集中できます。

過去の検査は常に一覧表示され、ワンタッチで全検査をサムネイル表示

ドラッグ操作で簡単にレイアウトできるほか、様々な前回比較モードを装備しています。異なったモダリティやスタディもそのまま同期して比較可能です。 スピーディーな過去検査比較が診断精度を向上します。

いつでもビューアー上で3D画像を表示

MPRは3断面同時表示に加えてフリーオブリークやCurved MPR、MIP表示も可能です。専用ソフトに転送して実現してきた特殊な三次元表示/解析機能もEV Insite Rなら標準装備です。

PETやMRIを利用したフュージョン/サブトラクションも標準装備

位置合わせもドラッグ操作で可能なほか、合成率の変更もその場で指定できます。 専用ビューアーを使用しなくても、3D機能と組み合わせることで、画像をよりわかりやすく使いやすくなっています。

EV Insite イ―ヴイ・インサイト 認証番号:227ALBZX00016000
汎用画像診断装置ワークステーション「エクスビューワー2」 認証番号:21700BZZ000136000